今売れている商品、話題・流行・旬の商品とは?

売れ筋商品情報館

今、話題・流行・旬・最新・注目のキーワードに基づく商品情報を集約したポータルサイトです。

HOME
最近のお勧め
★★業界最大級の照射範囲で超スピード脱毛ケノンは脱毛器【楽天ランキング6年連続1位】、年間オール家電1位
脱毛、ムダ毛処理
★【楽天ランク5年連続1位教材】今ならiPod全員プレゼント★日本一「バカ売れ」英語教材!流して聞くだけ「楽で簡単」
歯のホワイトニングの決定版!デンタルケア部門161週連続1位。全世界で販売実績NO.1の実力商品♪3本セットはお得な26%OFF!
iPadiPhone
・人気の回転ハンガー
・アースミュージック&エコロジー
新型インフルエンザ対策
メタボ対策
・ビキニ水着各種
・競泳水着各種
・美容用品
デル株式会社
不当景品類及び不当表示防止法

過大な景品や虚偽又は誇大表示が横行すると消費者は商品やサービスの正しい判断ができなくなります。これらの行為は事業者間の公正な競争を阻害し、商品本体の競争が機能しなくなる懸念があります。不当景品類及び不当表示防止法(略称「景品表示法」)では、これらを規制しています。

景品類

顧客を誘引するため商品又は役務の取引に付随し、相手方に提供する金銭、物品、招待などの経済的利益

表示

顧客を誘引する商品又は役務の取引に関する事項に新聞、チラシ、包装などで行う広告やその他の表示

懸賞

くじ、その他偶然の利用や作品、競技の優劣又はクイズなどの正誤で景品提供する相手や価額を決める方法

取引価格

  • 購入額に応じて景品類を提供する場合はその購入額
  • 購入額の多少を問わないで景品を提供する場合、原則として100円
    景品提供の対象商品などの価額の内、最低が明らかに100円を下回る場合や超える場合はその最低額
  • 入店者に対して景品を提供する場合、原則として100円
    その店舗で通常行われる取引の最低価額が100円を超えていると認められる場合はその最低額

売上予定総額

懸賞販売実施期間中の対象商品の売上予定総額を言います。

景品類の総額

特等から末等までの全景品類の全本数の価格を合計した金額を言います。

景品類の最高額

商品購入を条件せず、景品を無償提供することをオープン懸賞と言います。この認知度アップやアクセス増加などを目的とする懸賞広告の景品最高額は無制限です。

一般(クローズド)懸賞

取引価額 景品類の最高額 【事例】
売上予定総額100万円
500円以上お買上げの方に抽選で景品を提供する場合
景品類の最高額は500円×20倍=1万円
景品総額100万円×2%=2万円
      ▼
1万円の景品が2本まで、10円の景品で200本まで可能
5千円未満 取引価額の20倍
5千円以上 上限10万円
景品類の総額
懸賞販売対象商品の売上予定総額の2%以内

総付(ベタ付)景品

懸賞によらず、商品の購入者又は入店者に景品を提供する方法を言います。
取引価額 景品類の最高額 【事例】
5千円以上お買上げの方全員に景品類を提供する場合の景品最高額
      ▼
5千円×2/10=1,000円
1千円未満 200円
1千円以上 取引価額の10分の2
入店者に景品類を提供する場合は原則200円以下になりますが、その店舗で通常行われる取引の最低価額が1千円を超えると認められる場合、その価額の10分の2以下です。

景品類に該当しないもの

正常な商習慣に照らし適当と認められる次の経済的利益は景品類に該当しません。
  1. 商品の販売、使用又は役務の提供のために必要な附属品やアフターサービス
  2. 見本その他宣伝用の物品やサービス
  3. 自店及び自他共通で使用できる割引券(クーポン券)、金額証
  4. 開店披露、創業記念などで提供される物品やサービス


優良誤認と有利誤認

優良誤認

商品又は役務の品質、規格その他の内容についての不当表示を言います。
  1. 内容に実際のものよりも著しく優良であると一般消費者に誤認される表示
  2. 内容に競争事業者より自己の供給するものが著しく優良であると一般消費者に誤認される表示
【事例】
  • 水飴が混入された蜂蜜に「天然蜂蜜」と表示した場合
  • 絹でないもの、合成繊維を混入したものに「正絹」と表示した場合
  • A社商品は着色料添加であるが、当社は無添加であると広告し、実際はA社も無添加であった場合

有利誤認

商品又は役務の価格その他の取引条件についての不当表示を言います。
  • 取引条件に実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般 消費者に誤認される表示
  • 取引条件に競争事業者のものより取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示
【事例】
  • 上底額縁等の過大包装など
  • 実売価格に根拠のない比較対照価格を付した不当な二重価格

誤認される懸念のある表示

商品又は役務の取引に関し、一般消費者に誤認される懸念があると認められ、且つ、公正取引委員会が指定する表示
【事例】
  • 無果汁の清涼飲料水などについての表示
  • 商品の原産国に関する不当な表示
  • おとり広告に関する表示

違反行為

不当景品類の提供や不当表示がある場合、県や公正取引委員会は違反行為者に行為の中止を指示します。公正取引委員会の排除命令に従わない場合、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金があります。
ネット通販の法律知識
・電子契約法
・売買契約の成立時期
・特定商取引法
・消費者契約法
・個人情報保護法
・不当景品類及び不当表示防止法
スポンサーリンク
            
楽天で探す
>CD・DVD・楽器
>インテリア・寝具・収納
>おもちゃ・ホビー・ゲーム
>キッズ・ベビー・マタニティ
>キッチン・日用品雑貨・文具
>ジュエリー・腕時計
>スポーツ・アウトドア
>ダイエット・健康・介護
>水・ソフトドリンク
>パソコン・周辺機器
>バッグ・小物・ブランド雑貨
>ファッション・アパレル・靴
>花・ガーデン・DIY
>ペット・ペットグッズ
>家電・AV・カメラ
>車・バイク
>食品・スイーツ
>美容・コスメ・香水
>本・雑誌・コミック
>旅行・出張・チケット
>不動産・住まい
>保険・スタディ・サービス
>デジタルコンテンツ
>車用品・バイク用品
>インナー・下着・ナイトウエア
>日本酒・焼酎
>ビール・洋酒
アマゾンで探す
>和書
>洋書
>エレクトロニクス
>ホーム&キッチン
>ミュージック
>DVD
>ビデオ
>ソフトウェア
>ゲーム
>おもちゃ&ホビー
>スポーツ
>ヘルス&ビューティ
>時計
>ベビー&マタニティ

Copyright ©2008 今売れている商品、話題・流行・旬の商品とは?|売れ筋商品情報館:

 当サイトで使用されている画像や文章の無断転載は禁止させていただきます。  館長:田中 陽子